CP PISTONS

[ 日本語 ] [ English ]

Home Products Web Shop Company Contact Us

Home>Products >CP ピストン > ピストン鍛造型の選び方

ピストン鍛造型の選び方

過給器を追加する事による高出力化に対応するため、純正の鋳造ピストンから鍛造ピストンへ変更し耐久性の向上を狙ったり、単純に圧縮比を落としてノッキングの防止の為、 または自然吸気エンジンで高圧縮比化しトルクの向上や、更なる高回転時のフィーリング向上狙い、 または何かトラブルがあってその対策のために交換等々の目的があって、ピストンを純正(多くは鋳造ピストン)部品から交換します。

その目的に合わせて色々なエンジン特性を作り込めるのが、ワンオフ・カスタムピストンのひとつの魅力です。

また、CP ピストンの特徴として用途に合わせて豊富な鍛造型を選択できると言うことが挙げられます。 CP-Carrillo 社の製作するピストンは全てアルミ鍛造より超精密加工にて削り出しで製作いたしますが、 その基準となる鍛造型には色々なサイズと形状が有り、エンジンの使用用途、デザインの目的により下記の3種類の鍛造型を使い分けています。

STD-Style (または S-Style) :
    高強度鍛造 / Turbo や Supercharger, NOS System など
    過給器付きエンジン向け鍛造型

頭頂部の肉厚を十分に確保し爆発圧力による歪や熱応力によるクラックの発生を抑えております。 鍛造ピストンの高強度さを十分に発揮し、6気筒1,000馬力にも十分対応いたします

3S-GT や4G63、4B11、2JZ-GTE、2GRターボ、VR38DETT、EJ25/20ターボ、FJ20、L28ターボなどDish タイプ(凹)の頭頂部形状や、 RB26 などのDome(凸)タイプの頭頂部形状にも多様に対応できます。 いわばCP 社のオールラウンダーです。





参照:Toyota 3S-GT

■X-Style :
    超軽量 / 自然吸気・高回転エンジン向け鍛造型

冷却性とのバランスを保ちつつ、 スカート部分の面積を最小とすることによりフリクションの低減を図り、 尚且つピンボス部分の剛性を保ちつつSTD-Style 鍛造に比べて背面の軽量化を達成しています。

基本的にはアルミ鍛造の高強度を最大限に利用し、贅肉をそぎ落として超軽量な自然吸気エンジンのピストン向けに使用する鍛造型です。 リセス形状に合わせた背面の鍛造型から想像する通り 4バルブDome タイプの頭頂部形状を得意とし、 K20A や4A-G、Alfa Romeo 156 等高回転を狙う自然吸気エンジン向けの超軽量ピストンに最適です。





参照 : Toyota 4A-G / 4 valves

また、L28 や F355 など Flat な頭頂部形状のピストンにも適合いたします。 その場合、頭頂部の形状により背面の鍛造形状が余肉になる場合がありますすので、背面追加工により 余肉を追い込み更なる軽量化を狙います。

また、効果的に背面にリブを残し強度アップとと冷却性の向上も狙えます。





■MX-Style :
    高強度軽量鍛造 / 高出力自然吸気エンジン向け鍛造型

X-Style をベースとし更に背面に鍛造のリブを追加することにより、 頭頂部ピンボス方向の剛性を上げると共に放熱フィンとしての働きにより冷却性の向上に貢献。

もともと超高回転向けのバイク用鍛造型から派生した鍛造型で、 背面はフラットで強度アップの為のリブが追加されていますので、 背面加工なしで対応できる頭頂部形状のピストン向けに力を発揮します。

今回はBMW 向けのピストンに採用いたしました。





※なお、現在MX-Styleは φ94.0mm 〜 100.0mm のみ対応可能ですが、今後は対応できるサイズを増やして行く予定です。
Copyright (C) 2005 - 2010 MKS Engineering, Inc. All rights reserved.